ABOUTPENYAについて

会長挨拶

会 長

中野 洋樹HIROKI NAKANO

拝啓

日本のCuleの皆様

この度、日本から我らがバルサを応援し、そして語り合おうという趣旨の元、F.C.Barcelona公認のPenya(バルサ公認Penya登録番号1544)が発足し10年が経ちました。

私自身、発足当時の設立主旨を改めて読み直し、そしてほぼ原文のままその趣旨を、皆様にお伝えしたいと思います。

1992年5月20日。この日は勿論Culeの皆様には忘れることの出来ない特別な日、Wembleyでバルサがサンプドリアを破り欧州王者を勝ち取った日です。(延長の111分、クーマンのFKがゴールを突き刺したあの名場面です)そしてこの日は私にとってはもう一つの思い出の日でもあります。それは私がバルセロナに降り立った日でもあるのです。74年W杯のクライフに憧れサッカーを始めた私にとって子供の頃からの特別な存在であるバルサのある町。まさにバルサ最盛期のDream-Teamを生で見ることができるというこの上ない環境に身を置く事になりました。それから2002年の帰国までバルセロニスモを肌で感じ、ストイチコフ、ラウドルップ、クーマンに始まりペップのデビュー、ロマリオ、ハジ、ロナウド、フィゴ、リバウド、オランダ軍団。。。数え上げえればきりが無いほどのスター達のプレーを生で見、身近に感じながらあっという間に10年を過ごしていました。

シッチェスのカジノのスロットマシーンで私の隣に座って一番安い25ペセタ(まだ、ペセタ時代です)で夢中になって遊んでいたのがロナウドだったり、カンプノウ近くのグランビア沿いで駐禁を取られ警官に許しを乞うクーマンを見たり(今や名監督)、娘の通っていた幼稚園の同級生がアモールの娘で、父兄会ではお互い照れながら一緒にお遊戯をしたり(実は子煩悩?)、結婚前のルイスエンリケの極秘デートを行きつけのレストランでよく目撃したり(あのルイスエンリケが今やわがMISTER!)。。。。という具合に本当にバルサが身近で、生活の一部になっていたのです。

これほどバルサ漬けになっていた私の日本への帰国が決った時、真っ先に考えたのがどうやってこのバルサを日本に持ち帰ろうかということでした。そこで、ある知人を通じてカンプノウクラブ事務所を訪問しました。『日本にPenyaの存在はあるのか?』世界中に広がるPenyaネットワークですから当然あると思っていたのですが、意外にも返ってきた答えは『NO』ということ。そして、当時のプレジデンテのGASPER氏から、何と『日本でPenyaを作っていただけませんか?』という願っても無い要請があり、二つ返事で『Si!』と答えました。まだ、スペインのフットボールが今ほど身近ではなく情報も少ない当時、しかしバルサは将来グローバル化が進み、重要な市場であり、アジアへの本物のフットボールの普及のために遠いアシ゛アに世界初のPENYAを設立したいという、強い思いがあったのだと思います。

設立にはスペインでの公式な登録手続き等複雑な作業が伴いましたが、半年がかりで公認登録を得ることができました。

これがPenya設立の経緯です。日本に帰ってからは、口コミなどによりF.C.Barcelonaを応援したい、F.C.Barcelonaを身近に感じたい、といった人たちを募り、その呼び掛けに応じてくれた皆さんの協力を得ながら今日に至り、日本におけるPenyaの活動を本格化させようということになりました。

日本からバルサを応援し、全国にいるファンのネットワークを広げ、そしてPenya自体を他のBig-Clubに負けないしっかりとした組織に育てよう!という趣旨の元、活動をしております。

VISCA BARCA!!

Penya FC Barcelona Japan

会長 中野 洋樹(Hiroki Nakano)


副会長挨拶

副会長

山田 晃広MITSUHIRO YAMADA

皆様、はじめまして。PENYA F.C.BARCELONA JAPAN副会長の山田です。簡単にこれまでの私のバルセロナとの関わりとPENYA F.C.BARCELONA JAPAN設立の経緯をお話ししたいと思います。

冒頭の通り私は日本のスポーツマッサージの治療院で働いている時に車椅子の指導者 羽中田昌氏の著書「グラシアス」を見てF.C.BARCELONAのサッカーに魅了され、スペインに渡ることを決意しました。1999年旅行でバルセロナに訪れた際、カンプノウで生で観たF.C.BARCELONAのサッカーに魅了され、2000年に正式にバルセロナに居住しました。F.C.BARCELONAの年間シートも2年間保有し、ホームゲームの際は必ずF.C.BARCELONAの試合を観に行きました。

バルセロナに居住して間もなく、日本人で構成されているサッカーチームで現在のPENYA F.C.BARCELONA JAPANの会長である中野氏と出会い、意気投合。日本に存在していなかったPENYAを日本に作り、遠い日本の人たちにもバルサの魅力を伝えていこうと決意しました。

その他にもバルセロナとの関わりはあり、2012年に在籍していたINAC神戸レオネッサの海外遠征でバルセロナへ。トレーナーとして帯同する傍らで、遠征中の全てのアテンドを行いました。その遠征ではF.C.BARCELONA LADIESとの親善試合も実現しました。(結果は1-1の引き分け)

現在はエージェント、マネージメント業も行い、なでしこジャパン大野忍、近賀ゆかりのエージェント、マネージメント業務も行い、2名のなでしこジャパンの選手も我々の仲間です!

2003年に発足したPENYA F.C.BARCELONA JAPANもしばらくの間活動休止しておりましたが、今年より活動を再開します。

現在のPENYA F.C.BARCELONA JAPANで、世界のPENYA F.C.BARCELONAのなかで最もメンバ一の多いPENYAの組織を作りたいと思っております!

Penya FC Barcelona Japan

副会長 山田 晃広(Mitsuhiro YAMADA)