MEMBERS会員リスト

会員リスト

法人会員
日本工学院八王子専門学校
スポーツカレッジ
株式会社Japan Wellness Innovation
株式会社滋賀ユナイテッド
株式会社ロコケア
東洋医療専門学校
株式会社B-on
株式会社ケッズトレーナー
株式会社パイオニア・エコ
株式会社FJK Global Service
株式会社夢現
個人会員

coming soon

Penya FC Barcelona Japan 法人会員規則
第1条(本規則)
 一般法人 Penya FC Barcelona Japan(以下 PBJ)は、PBJ が提供する「PBJ 法人会員」につ いて、PBJ の機能を利用するにあたり、以下の通り法人会員規則(以下「本規則」とします)を 定める。
第2条(本規則の変更)
1 PBJ は、必要と判断した際に、法人ないし法人会員の承諾なしに本規則の変更をすること ができる。この場合、本規則の利用条件は変更後の本規則に基づくものとする。
2 本規約の変更は、オンラインまたはPBJが別途定める方法で随時法人に公表し、変更後の 本規則は PBJ が公表した時点から効力を生じるものとする。
第3条(PBJ 法人会員規則)
本規則は、原則として PBJ 会員規約に準ずる。
第4条(会員種別、会費及び構成員数)
法人会員の会員種別、会費及び構成員数の上限は以下の通りとする。
一 会員種別
法人会員
二 会費(1口)
年間 100,000 円(税別)
三 構成員数
1口当たり最大 10 名とし、10 名に満たない場合であっても会費は同額とする。
四 最大口数
3口
第5条(法人会員の申込及び承認)
1 法人会員は、法人の従業員など、法人が管理できる個人のみで構成するものとする。
2 法人会員はPBJ正会員としても登録されるが、登録者は、別途定める形式に準じて法人が PBJ 本部へ通達することとする。
3 法人が次の各号のいずれかに該当する場合、PBJは、法人会員の申込みを拒絶することが できる。
一 PBJ に提供された登録情報の全部または一部に虚偽、重要な誤記、記載漏れが判明した 場合
二 PBJ または本サービスの運営を妨害した場合
三 反社会的勢力である、またはそうした勢力と関係がある、もしくは過去に関係があった場合
四 法令違反、犯罪もしくは、それらのおそれのある行為をした場合、または刑事事件に関 与している疑いがあり、本規約を継続することによって当社の信用が害されるおそれがある 場合
五 その他、PBJが法人会員として不適当と判断した場合
第6条(法人会員特典)
法人会員は以下の特典を有する。
一 Penya 会員の登録及び会員証発行(登録する個人毎に発行。登録人数は第4条に準ずる)
二 法人の所在地域におけるPBJのスポンサー、法人会員としてのPBJ活動(イベント開 催など)。但し、イベント内容については事前の企画提案と PBJ 事務局による承認を要する ものとする。
三 PBJ ユニフォームへの社名ロゴ掲載(有料) ・背番号上:10万円/年 ・腕袖部分:5万円/年 別途実費を負担するものとする。
四 各種イベントへの協賛又は広告、販売促進活動 活動等の内容については PBJ 事務局による承認を要するものとする。
五 その他法人の事業、サービスのPBJ会員への提供 随時ご提案をいただき、非営利団体である PBJ の設立主旨から逸脱しない範囲で最大限の支援行う。
六 PBJ の公式 HP バナー掲載及び、PBJ 公式 SNS(FB など)にて法人の企業情報を掲載 (年6回まで)
第7条(PBJ ロゴ・名称の使用)
PBJ は法人に対し、以下の条件のもと、PBJ ロゴや名称の使用による活動(観戦会、サッカーイベントなど)を認める。
一 別途定める法人会員専用ロゴを使用すること
二 その都度PBJ本部に連絡をし、事前承認を得ること 三 ”FC Barcelona”単独のロゴ・名称は使用しないこと
第8条(予算)
PBJ 法人会員の活動に必要な予算は各法人が別途に組むものとし、PBJ 本部からの予算の支 給は原則として行わないものとする。
第9条(法人活動報告について)
法人は、PBJ 活動につき、以下の事項を遵守するものとする。
一 イベント実施の際は事前に PBJ 本部に連絡をし、その概要を、PBJ 本部及び法人において把握するよう努めること
二 イベント終了後は、活動報告としてFacebookページやTwitterなどのSNS(以下SNS。) へ掲載することとし、その旨を PBJ 本部にも必ず報告をすること
三 イベント開催に際して必要な経費は、法人または参加者より徴収すること
四 収支報告をし、余剰分は次回以降の法人活動費に組み込むこと
第10条(損害賠償)
法人は、本規則の利用により PBJ または他者に対して損害を与えた場合、法人の責任と費用をもって損害を賠償するものとする。
第11条(著作権)
1 法人のSNS等に掲載された情報、写真等の著作物に関する権利は、PBJ、著作物の著作者 または著作権者に帰属するものとする。
2 法人は、PBJ著作物について複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、 商標権などを侵害する行為を行ってはならない。
第12条(法人会員登録の抹消)
1 PBJ は、以下のいずれかに該当する場合において、法人会員の登録を抹消することができる。
一 1年以上法人としての活動を行わなかった場合
二 法人会員が0人になった場合
三 PBJ に対し不利益な損害を与えた場合
四 収支報告や活動報告などPBJへの提出を怠った場合 五 その他本規則に反する事項が判明した場合
2 法人会員の抹消を行う場合には、PBJが定める方法で事前に法人へ公表する。
3 PBJ は法人登録抹消によって法人、法人会員または他者が被った損害について、本規則で 特に 定める場合を除き、一切の責任を負わないものとする。
第13条(サービス並びにコンテンツの中断または停止)
1 PBJ は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、法人に事前に通知することなく、一時 的に本規則及びコンテンツ(以下総称して「本サービス等」とします。)を中断または停止する ことがある。
一 本サービス等用設備などの保守を定期的に、または緊急に行う場合
二 火災、停電などにより本サービス等の提供ができなくなった場合
三 地震、津波などの天災により本サービス等の提供ができなくなった場合
四 戦争、動乱、暴動、労働争議などにより本サービス等の提供ができなくなった場合
五 その他、運用上または技術上あるいはPBJの都合により、本サービス等の一時的な中断 が必要と判断した場合
2 PBJ は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により法人または他者が被った損害に ついて、本規則で特に定める場合を除き、一切の責任を負わないものとする。
第14条(サービスの譲渡・売却)
PBJ は、PBJ 活動の拡充のため、他社サービスや企業の買収、あるいは PBJ の他企業への売却、あるいは 本サービスの運営を他企業に委託する可能性がある。その場合には、法人に提供す るサービス継続のため、またはその他のサービス運営の目的のために、法人の情報の全部、また は一部を第三者に移転させることがある。この場合における第三者には、個人情報の保護に関し て、PBJ 運用時と同等以上の個人情報の取り扱いを課するものとする。
第15条(免責)
1 PBJ は、本規則等の利用に際して利用者に生じた不利益や損害などに対して、一切の責任 を負わないものとする。
2 利用者が、本サービス等から得る情報などについての一切は、利用者の責任において判断 するものとし、PBJ は、いかなる保証も行なわない。
3 利用者が使用する機器およびソフトウェアについて、PBJは、その動作保証は一切行なわない。
第16条(法人の PBJ 活動の停止等)
1 法人が次の各号のいずれかに該当する場合、PBJは、法人に事前に通知を行うことなく法 人の PBJ 活動を一時停止し、または法人会員の抹消処分をすることができる。
一 第12条1項各号の禁止事項のいずれかに該当し、またはその他本規約に違反することが判明した場合
二 PBJ に提供された登録情報の全部または一部に虚偽、重要な誤記、記載漏れが判明した場合
三 PBJ または本サービスの運営を妨害した場合
四 反社会的勢力である、またはそうした勢力と関係がある、もしくは過去に関係があった場合
五 法令違反、犯罪もしくは、それらのおそれのある行為をした場合、または刑事事件に関 与している疑いがあり、本規約を継続することによって当社の信用が害されるおそれがある場合
六 その他、PBJが法人会員として不適当と判断した場合
2 前項各号のいずれかに該当することで PBJ が損害を被った場合、PBJ は、法人の除名処 分もしくは当該会員より被った損害の賠償請求のいずれか一方または双方を行うことができる。
第17条(準拠法および合意管轄)
1 本規約には、日本法を適用する。
2 本サービスに関連する紛争、訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄 裁判所とする。

平成29年7月7日